治療法には選択肢があります

治療器具

歯を失った場合の治療方法を歯科の領域では、補綴治療と呼んでいます。補綴治療には入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの選択肢があります。大阪にある歯科医院でも、これら3つの補綴治療を行っていて、治療を受ける患者は少なくありません。

入れ歯治療とブリッジ治療

歯の欠損が1本のみから、上顎と下顎それぞれで歯が1本でも残っていたら部分入れ歯が検討されます。一方、上顎と下顎の歯の全部、或いは上顎下顎両方の歯が全てなくなった場合は、総入れ歯を用います。大阪の歯科医院でも、患者の口腔内に合わせて入れ歯治療が選択されます。また欠損した歯が1本から数本で、その隣在に自分の歯が残存している場合に適応となるのがブリッジ治療です。両隣の健全な歯を削って土台を作り、そこに橋渡しをするように連結した人工歯冠を被せて固定させます。

インプラント治療

かつての補綴治療といえば、入れ歯やブリッジが主流でしたが、インプラント治療を実施する歯科医院が増えています。それは大阪でも例外ではありません。インプラントは天然の歯に近い歯として人気があります。仕組みは歯槽骨にインプラント体を埋入させて、その上にアバットメントと人工歯冠を取り付けます。しっかり噛めば外れる心配がありませんが、保険適用されないため治療費は自己負担となります。